実務者研修を申し込む前に確認したいこと

受講前チェック 記事一覧

介護業界初心者にはお勧めできない理由

実務者研修は、受講する時に必要な条件というものがありません。表向きは誰でも受講可能な研修になっています。つまり、介護をしたことがないまったくの未経験者であったり介護の資格を何も持っていない無資格者であっても受講できるということです。そういった方でも最後まで修了できるように、カリキュラムの中には基礎中...

続きを読む

介護福祉士の受験日に間に合うように受講しよう

国家資格である介護福祉士の受験を考えている方は、実務者研修を受講するのが遅くならないように、特に注意しましょう!介護福祉士受験は年に1回しかチャンスがなく、実務者研修の修了までには少なくとも半年の期間が必要になるからです。介護福祉士の出願時に注意したい受講期間の縛り実務者研修はスクーリングが2日〜1...

続きを読む

カリキュラムの構成について

実務者研修は全部で20科目、総時間数450時間の研修となっています。科目と時間数は、人間の尊厳と自立(5時間)社会の理解T(5時間)社会の理解U(30時間)介護の基本T(10時間)介護の基本U(20時間)コミュニケーション技術(20時間)生活支援技術T(20時間)生活支援技術U(30時間)介護過程T...

続きを読む

スクールを決める時のポイント

実務者研修は、介護福祉士の受験に必須なので非常に重要な研修であることは間違いありません。ですが、現状では「設備の用意や講師要件を満たす人の不足」など、教育機関側にとっても研修を実施するにあたり困難な点がたくさんあります。そのため、現在では実務者研修を実施しているスクールが少ないという問題があります。...

続きを読む

講座日程について(通学・通信)

実務者研修講座の日程は半年ほどですが、その大半の科目については通信制によって学んでいく場合がほとんどです。介護技術Vや医療的ケアなどの自習が困難で実技演習を含む科目に限っては、スクーリング(面接授業)への参加が必須です。通学する日にちは2〜10日ですが、日程を決める上では、このスクーリング実施日が重...

続きを読む

生徒にはどのような人が多いか?

実務者研修を受講することを推奨される方は、実務経験1年程度の人たちを想定されています。ですが、実際に受講している人はどんな人が多いのでしょうか?介護福祉士の受験を考えている方受講者の中で多くを占めるのが、今年介護福祉士の受験を考えていて実技試験の免除をしたいと考えている人たちです。実技試験は介護技術...

続きを読む

職業訓練として受講する場合

求職中の方でこれから介護の仕事をしていこうと思っている場合、最初に取得するべき資格の講座が、とても高額であると思われるかもしれません。実際に、このことが新たな一歩を踏み出す為の壁となって存在しています。スクールにもよりますが、特に実務者研修は介護職員初任者研修と比べて、受講料が2倍近く高額である場合...

続きを読む