実務者研修の概要

概要 記事一覧

背景と位置付け

介護職として働いている人の資格といえは、介護福祉士がまず思い浮かびます。この介護福祉士は、介護系の資格では唯一の国家資格です。介護福祉士になるためには、かつて複数のルートが存在していました。それは、受験資格を得なければ受験できない資格のためです。1つの資格を得るために複数のルートがあるのでは受験の際...

続きを読む

資格ではなく研修

従来の介護職員基礎研修という資格と同等の位置づけとされる実務者研修ですが、どちらであってもこれらの講座を修了しても資格の認定はなされません。なぜなら、これらの研修が「介護福祉士の受験要件(受験資格)」の1つに過ぎないためです。多くの人、特に学校職員でさえもこの事実を見落としがちです。ですから、無資格...

続きを読む

介護職員基礎研修からの変更点と介護職員初任者研修とのつながり

実務者研修は、従来の制度による介護職員基礎研修という資格と同等の位置づけの研修です。同等とは言え、多くの変更点があります。まず、一番大きな点が、医療的ケアの講義と実技演習が加えられたということ。それから受講時間の増加や、資格としてではなく介護福祉士の試験を受けるためには修了することが義務付けられた研...

続きを読む