サ責と訪問介護利用者との関係性

訪問介護における利用者、家族との接し方

利用者にとって、訪問介護を受けるということは初めとても不安だし勇気がいることです。

 

サービス提供責任者は、利用者に受け入れてもらって信頼関係を気づいていくことが、サービスを円滑に進めていく為に必要なことだと思います。

 

サ責は利用者とどう接すればよいか?

 

サ責としての利用者への接し方

(1)初めて訪問した時に意識する視点

訪問介護を利用することになった利用者宅へ最初に訪問する際、基本はサ責はケアマネージャーと一緒に伺います。

 

利用者は、初めて訪問介護を利用するのであれば、特に緊張している様子を感じるはずです。
まずは笑顔で、落ち着いた姿勢で訪問しましょう。

 

ケアマネからは、利用者の

  • 基本情報
  • ケアの内容
  • 伝えるべき点

などを事前に聞いて訪問しますが、いざ出会ってみると紙面上でイメージするADLの状態と違っていたり、利用者の訪問介護への理解度もまちまちだと感じます。

 

まずは利用者が話すことを傾聴しながら、どういう方なのかということをよく見ることが大切だと思います。
生活援助だと特に「お手伝いさん」という意識の利用者も少なくないと思いました。

 

何のために訪問介護を利用するのか?
その目的をケアマネと同席しているこの機会にしっかり共有することが大切です。

 

ここでそれをしっかりおさえておくことで、その後のケアの効果にも影響していくのではないかと思います。

 

(2)利用者との信頼関係を築いていく

ケアにはいる前に利用者と話し合い訪問介護計画書を作成し利用者と合意します。
ケアマネが作成するケアプランに沿って、具体的な小目標を掲げるような感じです。

 

この訪問介護計画書を作成するのにあたって、サービス提供責任者主体で作成するより、なるべく利用者に関わってもらい共に作業する意識で作成することが大切だと思います。

 

人間は共同作業した時間が長いほどその相手との信頼が深まるといいます。

 

利用者が主役であることを忘れず、利用者の想いに耳を傾けながらケアを行っていくことで信頼関係は築いていかれるのではないかと思います。

 

サ責が、利用者にとって

  • 近い存在
  • 気軽に物事が言える存在
  • 頼れる存在

になることが、小さなリスクを減らしたり、よりよいサービスを提供していくことにつながっていきます!

 

利用者と契約をかわすときに注意したいこと

ヘルパーがサービスに入る前には、訪問介護事業所と利用者が契約をかわす必要があり、その説明や契約をもらうのもサービス提供責任者(サ責)の業務のひとつです。

 

そこで注意したいことを書いておきたいと思います。

 

(1)契約を交わす相手は高齢者。分かりやすくシンプルに伝えることが大切

サービスの対象者は介護保険が利用できる方、つまり高齢者です。

 

中には、

  • 判断能力が低下している人
  • 意思疎通ができない人

がいます。

 

契約を結ぶときに、本人だけで良いのか、家族に同席してもらう方がよいのか考慮する必要があります。

 

判断能力がある方といっても相手は高齢者なので、分かりやすく、相手のペースに合わせて相手が分かりやすい言葉で説明していくことが大切だと思います。

 

高齢者を相手にしっかりと伝える

 

例えば、ケアの時間を忘れて外出してしまう人もおり、そのときはキャンセル料が発生してしまう・・・
など、事業所としての取り決めなどで重要なことは特にしっかりと伝えます。

 

全体をくまなく説明しても結局覚えていないこともあり、「今必ず伝えておくこと」をシンプルに相手の頭に残るように伝える工夫が必要だと思います。

 

(2)契約時に、介護保険でできること、サービスの目的、目標を共有することも大切

ケアマネからヘルパーについて説明は受けているものの「お手伝いさん」という意識がある利用者も少なくありません。

 

契約時にサービスに入る目的、例えば、
「掃除のできない部分をヘルパーが担い、利用者自身ができるところは継続していく」
などを始めに利用者に説明し、一緒に利用者が日常生活を維持していけるように進んでいこうという意識の共有を図ることが大切です。

 

また、介護保険ではできない部分(庭木の選定、網戸の掃除など)についても事前に説明しておくことが大切です。

 

そうすると、ヘルパーがケアに入った時に、あれもこれもとケア内容にはないことを要求されることを防ぐことができます。
そして何より、利用者本人が「自分はこのように生活したい」という目標に向かって共に進むことができます。

 

契約時に契約書の説明だけでなく、介護保険の範囲や、ケアに入る目的を利用者に理解してもらうことで実際にヘルパーがケアに入った時、より良いサービスが実施していけるのだと思います。

 

サ責としての家族との接し方

サービス提供責任者は、訪問介護利用者の家族と関わる場面もたくさんあります。
利用者との関係や環境なども様々ですが介護が必要な人の家族と接した中で感じたことを書いていきたいと思います。

 

(1)訪問介護を必要とする家族

利用者との家族と関わる場面は様々です。
利用者が介護状態などで判断能力が低い方であれば初めの訪問、契約から家族と関わります。

 

例えば、

  • 寝たきりの方
  • 認知症の症状が重い方

などの家族は、ケアマネと相談して訪問看護や訪問介護の利用を決めます。

 

また、

  • ご主人が寝たきりになり病院から退院した後に自宅で介護するために利用する方
  • 妻が認知症の症状が重くなり介護が必要になり利用する方
  • 長年介護している方
  • 急に介護が必要となり戸惑っている方

状況もそれぞれあります。

 

訪問介護事業所として家族と接する際、家族はヘルパーを受け入れることに不安を感じていますので、まずは安心感を与えられるよう、家族の話に耳を傾ける態度で接することが大切だと思います。

 

(2)介護している家族の想い

介護が必要な方の家族にとって介護はいつまでと期限が分かっているものではありません

 

ある家族の方がこのように言われました。
「子育てと介護は似ているところがあります。でも子育ては子どもが成長すればできるようになるという期限があります。でも、介護はいつまで続くのかは分からない。」
本当にそうだと思いました。

 

だからこそ、その生活がなるべく負担なく継続していけるように、訪問介護がその一助になればと思いました。

 

それは利用者本人が住み慣れた家、地域で暮らし続けることにもつながるのです。
家族は24時間利用者と生活し、さまざまな想いを抱えています。

 

訪問介護を利用することで家族が少しでもホッと一息つける介護を提供できればと思いました。

 

サービス提供責任者は、家族の想いに寄り添い、家族が介護が少しでも介護がしやすくなるような介護サービスを提供すること。

 

介護の負担を軽減できるような技術や工夫などの情報を伝えることも役割のひとつではないかと思います。
家族の心に寄り添える存在であることも大切であると思います。