サービス提供責任者とは?

サービス提供責任者の任用資格

サービス提供責任者とは、主に訪問介護におけるサービス全般についての総まとめ役と言うことができます。

 

サービス提供責任者について

 

任用資格というのは、ある職業やポジションに就く為に必要な資格のことです。
なので、「実務者研修はサービス提供責任者の任用資格」というような言われて方をすることがあります。

 

サービス提供責任者とは?

その事業所で行われている訪問介護サービスに関する責任者です。
サービス全体の段取りや介護計画も作成しなければならないため、とても業務量の多いポジションと言えます。

 

とても忙しい反面、やりがいもまた大きいのがサービス提供責任者です。

 

事業所で請け負っているサービスの責任者ですから、当然仕事の流れを把握する必要がありますし、担当者が病気で休んだりした場合には代わりにその仕事をこなさなければなりません。

 

実務者研修を修了すればなれる

実務者研修を修了した際に得られるメリットとして、サービス提供責任者になる資格が得られる点が挙げられます。
このことを説明すると、楽してたくさんお金が欲しい人などは、最初からサービス提供責任者になれると思い込んでしまう人がいます。

 

上記のようにサービス提供責任者は事業所の業務を総括する立場の人ですから、初心者が実務者研修を修了したからと言って、すぐになれるものではありません。

 

とはいえ、このポジションを目指して日々の業務に励めば、管理者としての視点も養えるため、介護職としての成長は早まるでしょう。

 

辛いことも多い介護の仕事の中で、成長するための1つの目標と捉えることも、有意義であると言えます。

 

新たに介護事業を興す場合

新たに介護事業を興すにあたり、初心者の自分が実務者研修を修了し、実際の業務はベテランのヘルパーさんを雇って任せるつもりだという方がいらっしゃいました。

 

サービス提供責任者として業務に就ける人を雇うとなると、それなりの人件費がかかります。

 

一方、介護職員側から見ると、実務だけでなく資格もしっかり持っておかなければ自分が損をしてしまうことになってしまいます。

 

例えば、実務経験はたっぷりあるけど、

  • サービス提供責任者の任用資格が無い
  • あるいは減算対象(ヘルパー2級しか持っていない等)

という方は結構おられます。
そういう方は残念ながら、資格が無いということで人件費も安く抑えられてしまいます。

 

少なくとも介護職員初任者研修、その先の実務者研修まで修了して、サービス提供責任者まで保有しておくのが得策です!