無資格・未経験でも受講可能ですが厳しいです

介護業界初心者にはお勧めできない理由

実務者研修は、受講する時に必要な条件というものがありません。
表向きは誰でも受講可能な研修になっています。

 

つまり、

  • 介護をしたことがないまったくの未経験者であったり
  • 介護の資格を何も持っていない無資格者であっても

受講できるということです。

 

そういった方でも最後まで修了できるように、
カリキュラムの中には基礎中の基礎と言えるような内容の科目も用意されています。

 

ですが、そういった科目はすべて自宅学習によるレポート課題の形式を取っています。

 

無資格であっても、ある程度の現場経験などがある方であれば、経験とそれを裏付ける知識の習得ということで有意義な研修にはなり得ますが、全くの未経験者の場合はそう簡単にはいきません。

 

未経験者にはオススメできません

実務者研修の名称が示す通り、実務に就いている人を想定したカリキュラム構成となっています。
つまり介護の実務の技術面については、「すでに経験して身に付いている」という前提のもとに研修は進められていきます。

 

例えるなら、中学2年生の授業が、中学1年生の時に習ったことを前提として進められていくのと同じです。

 

講師から生きた知識を学ぶチャンスでもあるスクーリングでは、科目名こそ介護技術と言っていますが、その内容としては事例を基にした介護計画の策定となります。

 

この演習を完全に理解するためには、やはりある程度の介護経験が必要とされるものなのです。

 

現場に出たことがない方は、介護計画を立てる際に、

  • 計画中の介護メニューがどのようなもので、
  • 利用者さんにどのようなメリット・デメリットがあるか?

ということが、そもそもわからない状態なのです。

 

受講開始しても、修了が困難

このように未経験の状態でこの研修を受講した場合、様々な支障が生じる恐れがあります。
何もわからない状態で研修が進んでいくため、受講を受ける気持ちを維持するのがとても困難になります。

 

未経験者には難しい内容

 

介護について何もわからない状態から、4冊から5冊のテキストを読み、自分で調べなければならないのです。
学習効果という観点から言えば、自分で調べて学習することは、とても効果的なのですが、それにしても量が多すぎます。

 

その点、介護職員初任者研修についてはテキストが1冊なので、初心者にはちょうど良い分量であると言えます。
これらのことから、全くの未経験者にとって、実務者研修の受講はおすすめできないと言うことが出来ます。

 

これから介護業界で働くことを考えている

  • 未経験者
  • 介護資格なしの方

は、まずは「介護職員初任者研修」の受講から始められることを、強くお勧めいたします。

 

1年間の現場経験を積んだら早めに修了を目指そう

一般的な資格の研修とは異なる性質を持つ実務者研修は、受講するタイミングも重要になってきます。

 

実務者研修の受講は早めに!

 

それはこの研修を受講する目的によっても変わります。
まず目的の筆頭に挙げられるのが介護福祉士の国家試験受験の為です。

 

実際、介護福祉士の受験要件としての意味合いが強い実務者研修ですが、どのような人が受講者として想定されているのでしょうか?

 

介護業界で1年ほど経験を積んだ方

それは、介護福祉士の受験を控えた、ある程度の現場経験を積んだ介護士の方とい言えます。

 

目安としては介護職員初任者研修などの基礎的な資格を取得後、1年程度の実務経験を積んだ人が、まさに受講してほしいと言える人たちです。

 

このような人たちは、介護の現場について把握し、経験と体系的な知識を結びつけるには打ってつけの状態と言えます。

 

また、修了までに半年ほどかかる研修であるので、介護福祉士受験の直前ではなく、現場経験1年くらいの方が最も受験のタイミングとしては望ましいと言えるのです。

 

なるべく早めがベター

介護福祉士の受験資格を得る為には、実務経験3年が必要になってきます。
ですが、実務経験がまだ3年に満たなくても、将来の介護福祉士に合わせて受講時期を遅らせる必要はありません

 

1度修了すれば、生涯にわたって介護福祉士の受験資格として認められますから、試験直前になって慌てないためにも、また早期に現場で中心的な役割を果たすためにも、1年程度の経験を積んだら受講しておきましょう。

 

いずれ受講しなければならない研修であり、実務上も役立つ研修内容ですから、ある程度現場の状況が把握できるようになってから受講すれば、さらなるスキルアップが期待できます。

 

それに、こういった業務上のスキルを磨く学習というのは、早くに学べば、それだけ自分へのリターンは大きくなります。

 

受講料も決して安いとは言えませんが、収入が増えてから受講するのではなく、むしろ先に修了することで自ら収入をアップさせる姿勢が大切になってきます。

 

こうした気持ちを持ち続けることで、業務を遂行する能力も向上し、研修の内容との相乗効果でより高いステージへとレベルアップすることが可能となります。

 

普段の仕事と兼務しながらは大変

実務者研修にはスクーリングがありますので、仕事を続けながらだと本当に修了するまでは慌ただしい毎日になります。
また、家族のアクシデントなどでスクーリングを休まなければならないことも想定しなければなりません。

 

だからこそ、早めに受講を開始することが、より大きな意味を持ってきます。